東京大学大学院工学系研究科の藤田大士特任研究員(科学技術振興機構さきがけ研究者兼任)と藤田誠教授、およびその共同研究チーム[上田善弘特任研究員(現:京都大学化学研究所助教)、佐藤宗太東北大学原子分子材料科学高等研究機構(WPI-AIMR)准教授、水野伸宏研究員、熊坂崇副主席研究員(高輝度光科学研究センター タンパク質結晶解析推進室)]らは、世界で初めて、4価(それぞれの頂点に4つの辺が接続していること)のゴールドバーグ多面体構造を有する物質群の存在を発見しました。

プレスリリースはこちら