理化学研究所(理研)生命システム研究センター細胞動態計測研究グループの岩城光宏上級研究員らの国際共同研究グループは、DNAナノテクノロジーを用いて世界最小のコイル状人工バネ「ナノスプリング」を作製し、聴覚に関わるメカノセンサータンパク質ミオシンVIの動きを捉え、アクチンフィラメントと強固に結合するメカニズムを分子レベルで明らかにしました。

プレスリリースはこちら