高エネルギー加速器研究機構(KEK)、東京大学、立命館大学、千葉大学、京都大学、量子科学技術研究開発機構(QST)、理化学研究所(理研)、及び高輝度光科学研究センター(JASRI)の共同研究グループは、X線自由電子レーザー(XFEL)1施設「SACLA」2を用いたフェムト秒3X線光電子回折法4により、赤外パルス強レーザー電場中のヨウ素分子の構造を決定することに成功しました。

プレスリリースはこちら