東京大学大学院総合文化研究科の工藤恒大学院生と新井宗仁准教授らの研究グループは、生物由来の軽油燃料の産生に必須である、ラン藻の酵素のはたらきを解明しました。本成果は、再生可能エネルギーであるバイオ燃料の生産の効率化や、凍りにくい燃料の生産に応用でき、地球温暖化の防止にも貢献しうると期待されます。

プレスリリースはこちら