佐藤博俊生態学研究センター研究員(現龍谷大学博士研究員)、田辺晶史地球環境学堂特定研究員(現水産研究・教育機構研究員)、東樹宏和人間・環境学研究科助教らの研究グループは、「菌根性キノコ菌類」と植物の間で成立する共生関係の歴史を数千万年のスケールで解析し、陸上生態系を支える菌根性キノコ類の種多様性が増加してきた要因を明らかにしました。宿主である植物を乗り換える「宿主転換」という現象が菌根性キノコ類の種分化を加速させてきたという今回の発見は、現在みられる地球上の森林が成立してきた歴史を再現する鍵となります。

プレスリリースはこちら