高橋淑子理学研究科教授、田所竜介同助教らの研究チームは、ニワトリ胚を用いてメラニンが輸送される瞬間をライブイメージング解析し、そのメカニズムにはRhoタンパク質が重要な役割を担っていることを発見しました。

プレスリリースはこちら