東京農工大学大学院工学研究院生命機能科学部門・グローバルイノベーション研究機構の早出広司(ソウデコウジ)教授と同大学中島満晴(ナカジマミツハル)研究生は、シアノバクテリア由来の光センサーたんぱく質を改造することにより、赤色光で遺伝子発現を誘導する「人工光センサー」の開発に成功しました。

プレスリリースはこちら