成宮周医学研究科教授、出口雄一長崎大学准教授らは、他のマウスから隔離して一匹のみで長期間飼育する社会隔離ストレスモデルマウスを作成し、社会隔離ストレスによる不安増強に関与する神経回路メカニズムを解明しました。今回の研究成果はモデルマウスを用いた研究ですが、将来的には社会隔離による不安増強に関与する脳機能メカニズムの解明に役立つと期待されます。

プレスリリースはこちら