東京大学大学院理学系研究科の黒田真也教授らの研究グループは、同大学院新領域創成科学研究科の鈴木穣教授らとの共同研究により、効き目が低下すると肥満や糖尿病を引き起こすことで知られているホルモン「インスリン」の濃度や分泌されるタイミング(時間変化)により、遺伝子の発現が変化することを突き止めました。インスリンによって発現が増加する遺伝子群は、高い濃度のインスリン刺激に対してすばやく反応する一方、インスリンによって発現が低下する遺伝子群は低い濃度のインスリン刺激にゆっくり反応します。

プレスリリースはこちら