米ファイザー社(以下、ファイザー)は本日、欧州委員会(EC)がIBRANCE(一般名:パルボシクリブ)をホルモン受容体陽性(HR+)・ヒト上皮成長因子受容体2陰性(HER2-)局所進行または転移乳がん治療薬として承認したと発表しました。本承認は、アロマターゼ阻害薬との併用、または内分泌療法を受け疾患進行を認めた患者さんに対してはフルベストラントとの併用を適応症とするものです。

プレスリリースはこちら