名古屋大学の東山哲也教授(名古屋大学WPIトランスフォーマティブ生命分子研究所教授)と筒井大貴補佐員(名古屋大学大学院理学研究科)らの研究グループは、モデル植物シロイヌナズナにおいて、狙った遺伝子を高い効率で破壊するゲノム編集の手法を開発しました。

プレスリリースはこちら