フランス・パリ-2016年11月11日-サノフィは本日、欧州医薬品庁(EMA)の医薬品評価委員会(CHMP)が、1日1回投与するインスリングラルギン100単位/mL(基礎インスリン)とリキシセナチド(GLP-1受容体作動薬)の用量調節が可能な固定比率配合剤であるSuliquaの承認を勧告する肯定的見解を採択したことをお知らせします。

プレスリリースはこちら