今田弓女人間・環境学研究科博士課程学生、加藤真同教授は、コケに潜葉するシトネアブ類の幼虫が、特異な形の口器を用いた新しい摂食方法によって植物を食べていることを発見しました。

プレスリリースはこちら