東北大学大学院薬学研究科・医学系研究科の髙橋信行准教授らの研究グループは東北大学メデイカル・メガバンク機構、米国のノースカロライナ大学、ハーバード大学及びベイラー医科大学との共同研究により、水溶性ビタミンであるニコチンアミドが、妊娠高血圧腎症、およびそれに伴う流産・早産・胎児発育障害をすべて改善する初の薬であることをマウスモデルを用いて明らかにしました。

プレスリリースはこちら