この度、京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区「横浜プロジェクト」における慶応義塾大学、順天堂大学との共同事業「iPS細胞由来神経細胞を用いた創薬支援のためのアプリケーション開発」(以下「本共同事業」)が、平成28年度横浜市特区リーディング事業助成の交付対象事業として採択をされましたので、お知らせいたします。

プレスリリースはこちら