理化学研究所(理研)統合生命医科学研究センターの久保充明副センター長、基盤技術開発研究チームの桃沢幸秀チームリーダー、統計解析研究チームの秋山雅人リサーチアソシエイトらの共同研究グループは、加齢黄斑変性の中でもアジア人に多く認められる滲出(しんしゅつ)型加齢黄斑変性の発症に関わる遺伝子について、頻度が低く、影響力の大きい遺伝子型を同定しました。

プレスリリースはこちら