NEDOプロジェクトにおいて、日本ゼオン(株)は、昨年11月のスーパーグロース法を用いたカーボンナノチューブ(SGCNT、製品名:ZEONANO SG101)の量産工場稼働に続き、SGCNTとゴムを複合した高性能なシート系熱界面材料(TIM)の開発に成功しました。

プレスリリースはこちら