東京大学医科学研究所の中内啓光教授、正木英樹助教とスタンフォード大学の共同研究チームは、アポトーシスを阻害することによって、ヒトES細胞/iPS細胞と同じ着床後多能性状態にあるとされるマウスおよびラットのエピブラスト幹細胞(EpiSC)、さらにより分化の進んだマウス内胚葉系前駆細胞を用いてマウス着床前胚との間にキメラを作製することに成功した。

プレスリリースはこちら