当社は、2016年10月27日から29日に開催された第58回日本先天代謝異常学会総会において、独自に開発した血液脳関門(Blood-Brain Barrier:BBB)通過技術(J-Brain Cargo)を応用した抗体融合型イズロン酸2スルファターゼ(IDS)の、ムコ多糖症II型モデルマウスにおける中枢神経に対する有効性を検討した結果について、発表しました。

プレスリリースはこちら