大阪大学大学院工学研究科の溝端栄一講師、同理学研究科の村田道雄教授(JST ERATO「村田脂質活性構造プロジェクト」研究総括を兼任)、東京大学大学院理学系研究科の中根崇智研究員、高輝度光科学研究センターXFEL利用研究推進室の登野健介チームリーダー、理化学研究所放射光科学総合研究センターの岩田想グループディレクター(京都大学 大学院医学研究科教授およびJST研究加速課題「膜蛋白質構造基盤プロジェクト」研究代表者を兼任)等による合同研究チームは、X線自由電子レーザー(XFEL)施設SACLA)を利用して、膜タンパク質の立体構造を迅速に解明する、世界初の技術の開発に成功しました。

プレスリリースはこちら