福澤秀哉生命科学研究科教授、王連勇同教務補佐員、山野隆志同助教らの研究グループは、基礎生物学研究所、岡山大学、東京農業大学との共同研究により、光合成改良の要となる「CO2濃縮機構」が、植物特異なカルシウム結合タンパク質によって葉緑体を介して制御されることを明らかにしました。光合成を調節する全く新しいメカニズムの解明につながる成果であるとともに、藻類が持つCO2濃縮機構を陸上植物に導入し、作物の生産性向上につながることが期待されます。

プレスリリースはこちら