理化学研究所(理研)田中生体機能合成化学研究室の田中克典准主任研究員、髙松正之大学院生リサーチ・アソシエイトらの国際共同研究グループは、酸化ストレス疾患のマーカー(目印となる物質)を、抗体を使わず市販の安価な試薬だけで簡便に検出する方法を開発しました。

プレスリリースはこちら