ノバルティスは本日、化学療法後に最初のALK阻害剤として「ジカディア」(一般名:セリチニブ)が投与された、未分化リンパ腫キナーゼ陽性(ALK+)非小細胞肺がん(NSCLC)患者さんにおいて、無増悪生存期間(PFS)の中央値が18.4カ月[95% CI:10.9~26.3;追跡調査期間中央値25.9カ月]であったことを示した、第II相試験(ASCEND-3)の最新データを発表しました1。この結果は、盲検下独立評価委員会(BIRC)によって測定され、コペンハーゲンで開催された欧州臨床腫瘍学会(ESMO)のオーラルセッションで発表されました。

プレスリリースはこちら