ロシュ社は19日、米国食品医薬品局(FDA)がTECENTRIQ(atezolizumab)に対し、白金製剤ベースの化学療法、EGFR遺伝子変異陽性またはALK融合遺伝子陽性肺癌に対してFDAが承認した分子標的療法施行中または施行後に病勢が進行した転移性非小細胞肺癌(NSCLC)を適応症として承認したことを発表しました。

プレスリリースはこちら