東京大学大学院医学系研究科微生物学教室の畠山昌則教授らの研究グループは、ピロリ菌のがんタンパク質CagAの特定の領域(CMモチーフ)のバリエーションが、ピロリ菌が胃の粘膜を傷害する強さと関係していることを発見しました。本研究の成果は、ピロリ菌による胃の粘膜への傷害に対する新しい予防法や治療法の開発につながると期待されます。

プレスリリースはこちら