九州大学大学院医学研究院の林克彦教授の研究グループは、成体マウスの尻尾にある組織由来のiPS細胞から、培養皿上で卵子を作製することに成功しました。これらの卵子は正常に受精し、健常なマウスとなりました。

プレスリリースはこちら