モンサント・カンパニー(ニューヨーク証券取引所:MON)は本日、オンゴーイングベースの1株当たり利益(EPS)の直近の予想を上回る2016会計年度通年の決算を発表しました。2016会計年度の実績を基盤とし、また主力のダイズ種子製品の堅調な普及拡大、トウモロコシの遺伝資源アップグレードの促進、経費削減への取り組みなども相まって、2017会計年度以降もEPSは増加すると予想しています。

プレスリリースはこちら