奈良先端科学技術大学院大学(学長:小笠原直毅)物質創成科学研究科の超分子集合体科学研究室の廣田俊教授と長尾聡助教らの研究グループは、タンパク質と脂質膜が相互作用する様子を測定できる新しい方法を開発しました。

プレスリリースはこちら