南一成 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)特定拠点助教、柴祐司 信州大学准教授らの研究グループは、カニクイザルを用いて、重症の心臓病患者に対する新しい再生医療として、iPS細胞を使った心筋再生治療法を開発しました。

プレスリリースはこちら