エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫)は、このたび、自社創製のマルチキナーゼ阻害剤レンバチニブメシル酸塩(以下レンバチニブ)とMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J.,U.S.A.(NYSE:MRK、米国とカナダ以外ではMSD)の抗PD-1抗体ペムブロリズマブとの併用療法による固形がんを対象とした臨床第Ib相試験の結果について、欧州臨床腫瘍学会年次総会(European Society for Medical Oncology: ESMO2016、10月7日~11日)において発表したことをお知らせします。

プレスリリースはこちら