アストラゼネカ(本社:英国ロンドン、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ[Pascal Soriot]、以下、アストラゼネカ)は、10月8日、第III相FALCON試験のデータにより、局所進行または転移閉経後乳がん患者さんの1次治療におけるアリミデックス(アナストロゾール)1mgとの比較において、フェソロデックス(フルべストラント)500mgが優れた無増悪生存期間(PFS)中央値を示したことを発表しました。

プレスリリースはこちら