(ニュージャージー州プリンストン、2016年10月9日)-ブリストル・マイヤーズ スクイブ社(NYSE:BMY/本社:米国ニューヨーク/CEO:ジョバンニ・カフォリオ)は、本日、PD-L1発現レベルが1%以上の進行期非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象にファーストライン治療として、オプジーボ(ニボルマブ)単剤療法を評価したCheckMate -026試験における主要解析の最終結果を発表しました。

プレスリリースはこちら