(ニュージャージー州プリンストン、2016年10月9日)-ブリストル・マイヤーズ スクイブ社(NYSE:BMY/本社:米国ニューヨーク/CEO:ジョバンニ・カフォリオ)は、本日、治療歴を有する、および未治療の転移性腎細胞がん(mRCC)患者を対象にヤーボイ、スニチニブまたはパゾパニブとの併用療法におけるオプジーボの安全性(主要評価項目)および忍容性を異なる用量で評価した第I相CheckMate -016 試験の最新結果を発表しました。

プレスリリースはこちら