神戸大学大学院農学研究科の大学院生・石倉園子さん、宮路直実さん、藤本龍准教授、安田剛志教授とオーストラリアのCSIROのElizabeth S. Dennis博士の研究グループは、DNAメチル化の維持に関わる遺伝子が、シロイヌナズナの雑種強勢に密接に関係していることを発見しました。この発見を、ハクサイやキャベツ等のアブラナ科野菜の研究に応用し、収量性に優れた品種育成の効率化へと結びつけることが期待されます。この研究成果は10月8日(日本時間)に米国科学アカデミー紀要「Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America」にオンライン掲載されました。

プレスリリースはこちら