東北大学大学院医学系研究科循環器内科学分野の下川宏明教授の研究グループは、これまで診断が困難であり、治療方法の確立の重要性が認識されてきた「微小血管狭心症」に対して、血中セロトニン濃度が新規のバイオマーカーとなる事を明らかにしました。

プレスリリースはこちら