理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター合成ゲノミクス研究グループの大窪(栗原)恵美子特別研究員、松井南グループディレクター、バイオマス研究基盤チームの大谷美沙都客員研究員(奈良先端科学技術大学院大学 助教)らの共同研究グループは、ラサロシドナトリウム(Lasalocid sodium、LS)という有機化合物が植物の細胞壁を厚くさせること、および細胞壁の酵素糖化効率を促進させることを発見しました。

プレスリリースはこちら