小林製薬株式会社(本社:大阪市、社長:小林章浩)は、近畿大学薬学部(村岡修教授)との共同研究で、「糖の吸収をおだやかにする」特定保健用食品素材でもある「サラシア」において、ご飯やパンなどの炭水化物摂取量が多い日本人の日常食生活を想定した試験(ヒト・動物)により、食後に上昇する血糖値に対する強い抑制効果を見出しました。

プレスリリースはこちら