細胞は遺伝情報をもとに作られたRNAとタンパク質の相互作用を制御することでその働きを維持していますが、遺伝性の脳神経疾患などの難治性RNA代謝異常症の多くは、この相互作用の制御ができなくなることで起こると考えられています。

プレスリリースはこちら