アッヴィ合同会社(本社:東京都、社長:ジェームス・フェリシアーノ、以下アッヴィ)とエーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫、以下エーザイ)は、このたび、ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体「ヒュミラ」(一般名:アダリムマブ<遺伝子組換え>、以下「ヒュミラ」)について、既存治療で効果不十分な非感染性の中間部、後部又は汎ぶどう膜炎に関する効能・効果の承認を取得しました。今回の承認取得により、「ヒュミラ」は非感染性の中間部、後部又は汎ぶどう膜炎に対し、原疾患を問わず使用可能な初めての生物学的製剤となります。

プレスリリースはこちら