坂口浩司エネルギー理工学研究所教授、小島崇寛同助教、中江隆博同助教、宋少堂同博士課程学生らの研究グループは、生物を模倣した従来に無い触媒反応を開発し、エネルギー・半導体応用が期待される機能性炭素細線(炭素ナノリボン)の合成に成功しました。合成された新種の炭素ナノリボンは優れた電気特性を持ち、次世代半導体材料や太陽電池としての応用が期待されます。

プレスリリースはこちら