理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター ケミカルバイオロジー研究グループの長田裕之グループディレクターと野田産業科学研究所らの共同研究グループは、ニホンコウジカビ(Aspergillus oryzae、A. oryzae)が生産する「アステロライド」生合成遺伝子の解析によって、新規セスキテルペン環化酵素AstCを発見しました。

プレスリリースはこちら