表皮の厚さは,足の裏では厚く耳では薄いなど,身体の部位によって異なることが知られています。しかし,厚い表皮と薄い表皮の厚さを維持するためのメカニズムは,あまりよくわかっていませんでした。今回,北海道大学電子科学研究所の根本知己教授らは,最先端のレーザー顕微鏡技術を活用し,生きたマウスにおいて,皮膚の深部構造を高精度3次元ライブ観察する方法を樹立しました。薄い表皮を持つ背中と耳,厚い表皮を持つ足の裏と尻尾において,表皮の細胞を供給する基底細胞の分裂方向に着目し,厚い表皮ほど「ななめ」方向の分裂が多いことを初めて示しました。この方法は,生体に傷害を与えることなく,長時間の観察をすることが可能です。更に,この方法は遺伝子に一部欠陥のあるマウスモデルや,薬を投与したマウスの皮膚を細胞レベルでモニターすることが可能になることから,病気のメカニズムや治療法の開発も期待されます。

プレスリリースはこちら