東京大学大学院教育学研究科の野崎大地教授らは、ヒトの運動の学習に関わる「運動記憶」が、トレーニングを行うときの脳の状態に応じて作られることを明らかにしました。本成果は、脳の状態を操作した状態でのトレーニング法、特にアスリートの効率的なトレーニング手法や運動麻痺からのリハビリテーション手法などに応用することが可能であり、それらへの応用が期待されます。

プレスリリースはこちら