アストラゼネカは、現在2型糖尿病を適応とするSGLT2阻害剤フォシーガ(一般名:ダパグリフロジン)の、2つの新たな無作為化プラセボ対照第IIIb相アウトカム試験の実施について、9月12日に発表しました。大規模アウトカム試験である両試験は、2型糖尿病合併の有無に関わらず、慢性腎臓病および慢性心不全の管理におけるフォシーガの有用性を見極めるうえで役立つものです。

プレスリリースはこちら