山根順子 iPS細胞研究所(CiRA=サイラ)研究員、藤渕航 同教授らの研究グループは、東京大学、産業技術総合研究所、国立環境研究所、および群馬大学と共同で、ヒトES細胞、遺伝子ネットワークおよび機械学習技術を組み合わせることで、精度の高い、化合物毒性予測の仕組みを構築しました。

プレスリリースはこちら