奈良先端科学技術大学院大学、バイオサイエンス研究科 高木博史教授の研究成果が定番商品化

(2016.06.09 10:06)

 バイオサイエンス研究科ストレス微生物科学研究室の高木博史教授らが、株式会社バイオジェット(うるま市)、琉球大学と共同研究を行い開発した新しい泡盛酵母(101H酵母)を用いた泡盛を、新里酒造(沖縄市)が商品化「101H(イチマルイチハイパー)」し、「第39回沖縄の産業まつり」で限定発売されましたが、このたび定番商品として5月中旬から全国発売されることになりました。101H酵母は、高木教授が保有する育種技術を応用して親株(泡盛101号酵母)から取得した酵母で、親株より芳香成分が強く、フルーティーな風味を引き出せる特徴があります。

プレスリリースはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧