理化学研究所(理研)田中生体機能合成化学研究室の田中克典准主任研究員、筒井歩特別研究員と、愛媛大学大学院理工学研究科の座古保教授らの共同研究グループは、酸化ストレス条件下で、アクロレインとポリアミンから速やかに生成される8員環化合物が、アミロイドペプチドの凝集を阻害して細胞毒性を中和することを発見しました。

プレスリリースはこちら