アストラゼネカ(本社:英国ロンドン、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ[Pascal Soriot]、以下、アストラゼネカ)は、5月27日、ホルモン療法による治療歴のないホルモン受容体(HR)陽性局所進行または転移性閉経後乳がん患者さんを対象としたフェソロデックス500mgとアリミデックス1mgを比較した第III相試験(FALCON試験)の良好な結果を発表しました。

プレスリリースはこちら