理化学研究所(理研)脳科学総合研究センター シナプス分子機構研究チームの吉原良浩チームリーダー、矢吹陽一客員研究員らの共同研究グループは、魚の求愛行動を促進する「フェロモン受容体」を発見し、求愛行動を促進する神経メカニズムの一端を解明しました。

プレスリリースはこちら