東北大学大学院薬学研究科ラジオアイソトープ研究教育センターの吉田浩子講師の研究グループは、福島県飯舘村、南相馬市小高区、双葉町、大熊町、富岡町などの避難指示区域の家屋の実態調査により、放射性セシウムによる表面汚染密度の頻度分布には明らかな地域差があり、汚染レベルは原発からの距離と関係のあることを示しました。

プレスリリースはこちら